パソコンのデータは守れてる?プライバシーを暴かれない方法!


見られたくないならロックしよう

パソコンの中に誰にも見られたくないデータがあるのなら、パスワードを入力しなければ開けないようにしてしまいましょう。その場合、パソコン自体をロックする方法もありますが、ファイル単位やフォルダ単位で行う方法もあります。自身の環境や手間を考えて、ベストな方法でプライバシーを守りましょう。

パソコン自体をロックする方法

パソコン自体をロックする方法は利用しているOSによって異なりますが、多くの場合はユーザーアカウント設定からできるようになっています。パスワードを設定すれば、パソコンを起動したときに入力しなければログインできないようになるので、プライバシーを徹底的に守れます。ただし、パスワードを忘れてしまうと、まともにパソコンが使えなくなるので注意しなければいけません。

ファイルやフォルダをロックする方法

ファイルやフォルダをロックしたいのなら、簡単操作で暗号化できるフリーソフトを活用すると便利です。ファイルやフォルダをソフトのアイコンにドラッグするだけで暗号化をしてくれるものがあるため、探してみましょう。多くの暗号化のフリーソフトがパスワードを設定できるので、簡単にファイルやフォルダをロックできるようになります。

なお、USBメモリやSDカードにパソコンのデータを入れて持ち運ぶときにも、ファイルやフォルダをロックしたほうがよいでしょう。それらの小さな記憶媒体は紛失したり盗まれたりしやすいので、プライバシーを守るためには、取得した人に開かれないようにすることが大切です。

シュレッダーは書類などの紙を自動で細かく裁断する機械です。裁断してから捨てることで、個人情報や社外秘の情報などを守ることができます。